宅配水のおすすめ

宅配水を始めるには3つの方法

宅配水には、ウォーターサーバーを契約して水を宅配して貰う方法、
ネットショッピングを利用して水を宅配して貰う方法、
日田の天領水などをお取り寄せする方法があります。

この3つの宅配水の価格と安全性、便利さを比較します。

ウォーターサーバー

<価格>
ウォーターサーバーで水を宅配してもらう場合は、 水代とサーバーのレンタル料(有料・無料)、サーバーの電気代です。 我が家は、コスモウォーター(日田の誉:天然水)を使用しているのですが、 12L:1,995円を2本/月と電気代約500円(楽々スタイルサーバー)が月々のコストです。

<安全性>
水の安全性は、ウォーターサーバー各社で「放射性物質検査」を行っています。 毎月、ホームページ上に掲載されていますので、安心して飲用することができます。

<便利さ>
水を無料で配達してくれ、ウォーターサーバーも使えるのでかなり便利です。 冷蔵庫に水を冷やす必要なし!ポットも購入する必要なし!ウォーターサーバー1台で、水をホット&コールドに利用できます。

ネットショッピング

<価格>
宅配水の中で一番安いです。 スーパーでセールをしているとかなりお得に購入できます。 近所のスーパーでは、2L:100円前後で売っています。

<安全性>
業社によって違いはありますが、「放射性物質検査」をホームページで掲載されていませんでした。

<便利さ>
ペットボトルを冷蔵庫に保管する必要があり、かさばるのが難点です。 また、ホットで飲む時は沸かす必要があります。

ペットボトルのお取り寄せ

<価格>
以前、日田の天領水をお取り寄せしていたのですが、ウォーターサーバー並の価格です。 日田の天領水を購入の場合は、本家で買うよりアマゾンで購入すると値引きがあります。

<安全性>
日田の天領水の場合は、「放射性物質検査」を行っています。 月に2回も検査を行っていて、検査結果をホームページ上に掲載されています。安全性が高く、安心して飲用することができます。

<便利さ>
ペットボトルと箱タイプのもの、ウォーターサーバーがあります。 ウォーターサーバーは、冷水のみになりますので、温水も飲みたい場合はポットや沸かす必要があります。

宅配水の選び方<ポイントによって自分に合う業社を見つける>

宅配水は業社によって、コストや配達方法など様々です。
でも、宅配水業社が多くてどれが良いのか?迷いますよね。

ランニングコストを重視する方、家族構成が変化するかもしれないから水の種類が豊富な業社が良い方、
配達方法などポイント項目はたくさんあります。

でも、特に重要となるのは、月々のコストではないでしょうか。
申し込んだのは良いけど、案外高かったていうこともあるのです。

宅配水を解約しようと思っても解約手数料がネックになってしまい、1年間渋々続けなくても良いように
宅配水は納得して申し込みましょう。

ランニングコストは、水の価格、サーバー代、電気代、メンテナンス料になります。
水の価格は、天然水とRO水を選ぶかによって違ってきて、
サーバーの電気代は、一般的に千円と言われています。

最近では、テレビや冷蔵庫などエコ家電が増えている中、
ウォーターサーバーもエコサーバーが登場しています。

エコサーバーを利用すれば、かなりの電気代がお得に。
500円ぐらいのサーバーだってあるのです。

ポットの電気代よりも安くなっているのです。
ポイントが色々あって決めれない方は、トータルでバランスの取れた業社を選んでみてはどうでしょうか。
宅配水の選び方|ポイントで選ぶウォーターサーバー【各社欠点表】